お知らせ|札幌市西区・中央区の内科・消化器内科なら【札幌北円山内科・内視鏡クリニック】

診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

  • 地図
  • メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

札幌市胃がん検診について

2019年12月2日

20191月から国の指針の改定に伴い、札幌市胃がん検診で胃カメラ(胃内視鏡検査)を選択できるようになりました。

これまで検診では胃バリウム検査がまず行われ、異常が疑われた場合に胃カメラ(胃内視鏡検査)が行われるのが一般的でした。

胃バリウム検査は医師でなくても行うことができるため、1日に多くの件数を行うことができ比較的予約を取りやすい傾向があります。しかし胃の中を直接見ているわけではなく、胃の中にバリウムをためて胃の表面の凸凹を映しているだけであり、検査の正確性が低く、早期胃がんなどの病気の発見率の低さ、本当は異常がなくても異常と出てしまうなどの問題がありました。放射線被ばくも健康被害がでるほどではないとされていますが、被ばくがないに越したことはありません。

胃カメラ(胃内視鏡検査)は、直接胃の中を見るため、細かい色の変化や荒れ具合などを正確に判断できます。異常があれば直接組織をとって検査することもできます。放射線被ばくもありません。バリウムでは発見できない早期胃がんを発見することも多々あります。

当クリニックでは、細径ハイビジョン経鼻内視鏡を導入しており、正確な診断はもちろんのこと、苦痛が少ない検査を行っています。胃カメラは苦しいからバリウムの方がましと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、当クリニックで検査を受けていただいた方は、思っていたより楽だった、苦しくなかった、痛くなかったと言っていただいています。希望の方は寝ている間に検査を行うこともできます。

当クリニックでは、胃カメラ(胃内視鏡検査)での札幌市胃がん検診に対応しております。

ご希望の方はお問い合わせください。

企業健診や人間ドックの胃カメラ(胃内視鏡検査)も行っています。

胃の調子が悪い、ピロリ菌が気になる、胸やけなどの逆流症状がある方などは保険診療での胃カメラ(胃内視鏡検査)も行っています。お気軽にご相談ください。